HOME >その他の症状>心とからだ

体から心を整える

都市生活に疲れた心

 鬱(うつ)病やパニック症候群、このような心因性の病気は今や珍しいものではありません。 現代は高度情報化社会で、肉体よりむしろ心理的なストレスの方が大きい時代になっています。

 カイロプラクティックにこのような心の問題は関係ないのではないかと思われるかもしれません。 しかし今や、心の問題を抜きにして体の問題を考える事はできません。 例えば、鬱病になると、頭痛や腰痛、肩こりなどの痛みが悪化するのは広く知られている事実です。 そして、私の治療室にからだの痛みで来院される方の多くは、日常生活に強いストレスを感じているだけでなく、 実際に鬱病などの病を患われている方も多くいっしゃるのです。

疲労した心

 もちろん、カイロプラクティックで直接心の問題を扱う事はできません。 心の問題を直接解決するには、投薬やカウンセリングなどの、脳や心理面からの方法しかありません。 ではどうするのかというと、「からだ」を整える事を通して、間接的に心も整えるのです。

 本当にそのような事が可能なのでしょうか。私は可能だと考えています。何故なら心と体は相互関係にあるからです。 ここでは、体から心を整える前提となる「心と体のつながり」についてと、どのように体から心にアプローチするのか、その具体的な方法について解説しましょう。

体と心をつなぐもの

心とからだをつなぐ

 例えば、強いストレスで肩こりや頭痛になったり、カゼを引くと気弱になったり。 このような体と心のつながりを実感する出来事は、思い返せば誰でも一度は経験した事があると思います。

 具体的に体と心をつなぐ役割をしているのは、ホルモンや脳内物質などの複雑な働きです。しかし、ここではそのような難しい話ではなく、 心理的な要因で具体的に発生する体の問題について考えていきましょう。何故なら、それこそ心とからだのつながりの現れだからです。

悪い姿勢

悪い姿勢

 心の問題と姿勢との間に深い関係のある事は、心理学の分野では昔からよく知られた真実です。 その中でも特に知られているのが「ストレス姿勢」です。 人は強い心理的ストレスに晒されると、そのストレスから自分を守ろうとします。 その時、頭を縮めて肩を丸めたような姿勢、「ストレス姿勢」になるのです。

その他にも、ストレスで緊張しやすい方はハト胸・いかり肩になりやすい等様々あり、 姿勢は心を写す鏡といっても過言ではないでしよう。

からだのゆがみ

からだのゆがみ

 からだのゆがみとは、からだがねじれたり傾いたりして、左右均一でない状態になっている状態です。 心理的なストレスが高まると、からだのねじれは強まる傾向があります。そうなるはっきりとした原因はわかりませんが、 私の治療室に来院される患者さんで、鬱病などの心理的な病気に悩まされている方のほとんどは、そうでない方に比べて確実にからだのゆがみの程度が強い事が多いのです。

自律神経の乱れ

自律神経は心をつなぐ

 心理的な問題があると、自律神経の働きは乱れて自律神経失調症になる傾向があります。 自律神経とは、内臓などの働きを調整している神経です(詳しくはこちらで解説しています)。 自律神経の働きが乱れると、便秘・動機息切れ・頭痛・不眠など、様々な症状が体に現れます。


 以上の3つが、心理的な要因により発生しやすい体の問題の代表例です。これら3つの体の問題は、心の状態と密接にリンクしています。 これを逆から考えれば、これら3つの問題を改善すれば、心理的にも良い影響を与えるという理屈になります。 つまり「悪い姿勢」「カラダのゆがみ」「自律神経の働き」を改善する事こそ、「体から心を整える」という具体的な方法なのです。

体から心を整えるメリット

ストレス社会

 ここまで読まれた方の中には、わざわざ遠回りに「体から心を整える」より、カウンセリングや投薬などで直接心の問題を解決する方が効率が良いのでは、と思われる方もいると思います。

 確かにその通りでなのですが、それはそれで困難な点もあります。心の問題は、目に見えないだけでなく、状態もつねに一定ではありません。ですから、原因を特定したり改善の度合いを見極めるのが難しいのです。又、薬には副作用がついて回る事も、忘れてはいけません。

心とからだをつなぐ

 そして、このような問題を回避する方法こそ、「体から心を整える」という方法です。 からだの問題は、心の問題とは異なり、計測もできますし目で見て判断する事も出来ます。 ですから、次に何をすればよいのか明確なのです。

 もちろん、デメリットもあります。原因がはっきりしている場合は、まず効果は期待できません。 例えば、職場のストレスで鬱病になった事がはっきりしているのならば、体を健康にしても、職場の環境をどうにかするか仕事をやめない限りその鬱病は治らないでしょう。

こころとからだ

 しかし「体から心を整える」という方法には、必ずからだは健康になるという「おまけ」もあります。そしてもちろん、健康である方が、長期的に見て心理的に良いのは言うまでもありません。

 以上のように考えると、以下のような人に「体から心を整える」という方法がオススメだと言えます。

  • 心理的な原因がはっきりしない。
  • 心因性の症状だけでなく、からだの健康状態も悪い。
  • 心療内科やカウンセリングなどにいってもあまり改善しない。

 上記の条件に当てはまる方は、「体から心を整える」という方法も選択肢にいれてみてはいかがでしょうか。

カイロプラクティック治療を活用しよう

カイロプラクティックは心とからだをつなぐ

 カイロプラクティック治療では、「体から心を整える」という方法を通して、心理的な問題を改善するお手伝いをします。

 改善する項目は3つ。悪い姿勢・からだのゆがみ・自律神経の働きです。

 治療初期は、週1〜2回の治療を行う事でからだ全体をある程度まで整えます。 そして、その後はメンテナンス治療に移行していきます。 メンテナンス治療とは、月に1〜2回定期的に治療して、からだの状態を維持する為の治療です。

メンテナンス治療

 現代生活では、心理的なストレスを完全に回避するのは困難です。 その為、定期的な体のメンテナンスを行い、からだと心にダメージが蓄積されないようにする必要があるのです。

  Category