HOME >肩こり・頭痛>カイロと頭痛

カイロプラクティックの視点から頭痛を考える

頭痛の人

 頭痛は、なかなかやっかいな症状です。やっかいである主な理由は、痛い場所が「頭」だからでしょう。 現代生活では主に頭を使う仕事や作業の方が多い為、頭痛がするだけで作業効率は大きく下がってしまいます。 中にはひどい頭痛で何も手が付かなくなってしまうという方も多くいらっしゃいます。 このようにとてもつらい頭痛なのですが、ケガのように他人から見て痛い理由が見えないため、苦しんでいる事を他人に理解してもらえないのもやっかいです。

 頭痛の原因は、自律神経失調やストレスなどが一般的に考えられていますが、 実際の所よくわからない事の方が多く、その対処法も薬ぐらいしかありません。 そこで、ここではカイロプラクティックの視点から、頭痛の原因とその治療法について考えていきたい思います。

カイロ治療が有効な3つの頭痛

頭痛の人2

 実は頭痛にはいくつかの種類があります。その中でカイロにより改善する事が明らかになっているのは以下の3種類です。

  • 緊張性頭痛(きんちょうせいずつう)
  • 片頭痛(へんずつう)
  • 頚椎原生頭痛(けいせいげんせいずつう)

 ほとんどの頭痛はこの3つに分類されますので、まれな頭痛以外はカイロで改善する事ができます。 それでは、それぞれ個別に見ていきましょう。

緊張性頭痛(きんちょうせいずつう)

 緊張性頭痛は、もっとも一般的な頭痛で、その原因は肩・首のコリです。 首と肩の筋肉の中には大後頭神経(だいこうとうしんけい)という頭に通じる神経が通っています。

 肩・首にコリがひどくなると、その中にある大後頭神経は圧迫され神経痛を引き起こし、それが頭痛となるのです。 ですから、コリのひどい人ほど頭痛になりやすい傾向があります。

 肩こり以外にも、この頭痛になる大きな原因があります。それは、悪い姿勢、特にアゴの上がった姿勢です。 大後頭神経は頭のつけねにある為、アゴが上がると神経を締め付けてしまうからです。

 実は背中の丸い猫背の方は、ほぼ必ずアゴの上がった姿勢をしています。その理由は下の図を見ていくとわかります。

姿勢による頭痛解説イラスト1

(図左)正しい姿勢 (図右)肩の丸い姿勢

 上の図は、正しい状態から背中だけ丸めて猫背になると、頭の位置はどう変化するかを示した図です。 図右のように、背中が丸まると頭は前に傾き、目線は下にさがります。しかし、このままでは前を見る事が出来ません。 そこで、必ず下図のように頭を動かす事になります。

姿勢による頭痛解説イラスト2

正面をみる為にアゴを上げる

 上図右のように、必ずアゴを上げて正面を見ようと動くのです。ですから、肩が丸くなれば、それに比例してアゴも上がる事になります。 写真などを撮る時に「アゴを引いてください」と言われた事のある方は、普段背中を丸めて猫背になっている可能性が高いと考えてよいでしょう。

片頭痛(へんずつう)

 頭の側面にある血管周辺の神経が痛む事でおきる頭痛を、偏頭痛と言います。 痛み方の特徴はこめかみのあたりの「ドクドクと脈打つ」痛みです。他の頭痛と比べ痛みは強烈で、 目がチカチカしたり、はきけやめまいなどを伴う事もあります。

 その原因には諸説ありますが、血管の太さをコントロールしている自律神経が関与している事は間違いありません。 カイロプラクティックでは、首と頭のバランスの崩れが自律神経を乱す場合があると考えられています。

頚椎原生頭痛(けいせいげんせいずつう)
 首関節の痛みによる頭痛を、頚椎原生頭痛(けいせいげんせいずつう)と言います。首関節の痛みがその周辺の神経を刺激する事でおこる頭痛です。ひどい寝違いなどをした時に、後頭部周辺もズキズキ痛む経験をされた方は多いと思いますが、まさにそれがこの頭痛です。

 西洋医学では、緊張性頭痛に分類される頭痛ですが、 カイロプラクティックでは、原因が筋肉である場合は緊張性頭痛、関節である場合は頚椎原生頭痛と分けて考えます。

カロプラクティックによる頭痛治療

 次はカイロプラクティックによる頭痛治療について紹介します。カイロプラクティックの視点から考えると、頭痛の主な原因は以下の4つになります。

  • 首・肩のコリ
  • 首の関節の痛み
  • 首と肩周りのバランスの崩れ
  • アゴ上がりの姿勢

 次は、これらを改善する為の具体的なカイロプラクティック治療を紹介しましょう。

首周りのゆがみを改善する
 首周りのゆがみを改善する事で、首から肩にかけての緊張を和らげます。「ゆがみ」とは「バランスの崩れ」の事です。ゆがみを改善する事で肩まわりにかかるストレスを分散させ、緊張性頭痛と頚椎原生頭痛の原因を取り除きます。

 又、頸部のゆがみを改善する事は、偏頭痛の原因である自律神経の働きを正常化させる効果のある事もわかっています。 偏頭痛のおよそ半数の方は、ゆがみを取り除く事で一定度の改善が見られる事が海外の研究でわかっています。

首周りの姿勢を矯正する
 緊張性頭痛の原因であるアゴの上がった姿勢を矯正します。又、悪い姿勢は肩こりや首コリの原因でもありますので、それ自体が頭痛を軽減する効果があります。

 目安となる治療回数は、5回〜10回です。頭痛の場合、初回だけの治療で改善してしまうケースも多いのですが、 再発の予防も含めてある程度治療を受ける事がオススメです。

  Category