CHIROPRACTIC INFORMATION
<<TOP画面に戻る

 TOP > カイロプラクティックQ&A > Q39:更年期障害とカイロプラクティック治療
|パソコン用の表示に切り替える|

Q39:更年期障害とカイロプラクティック治療

はじめまして。58歳の更年期の主婦です。婦人科でホルモン補充療法を、受けています。以前に比べだいぶ良くなって入るのですが、最近何度か狭心症のような状態になりました。心電図を2回とりましたが異常はありません。今日胸のレントゲンをとったところ、私は右肩が下がっていて、背骨も曲がってきているので、心臓や肺が圧迫されて苦しい状態になるのでしょうとのことでした。私はすぐに整体を考えたのですが、先生から強く押されると骨折の恐れがあるから、マッサージがいいでしょうとのこと。
こんな私でも、カイロを受けられるでしょうか?

狭心症の症状が胸郭の変形からきたという事ですが、胸郭がよほど大きく変形しないと心臓などの圧迫はおこりません。それより自律神経の問題があるのではないでしょうか?

  確かに更年期障害になると、骨の強度が弱くなり骨折がおこりやすくなります。
ただ、だからといってカイロプラクティックが駄目というわけではありません。治療に、ある程度制限が生じますが、身体に負担のないような治療法を選択すれば問題はありません。
ただし、治療室の選択には十分注意したほうがいいでしょう。

次のコンテンツへ→