CHIROPRACTIC INFORMATION
<<TOP画面に戻る

 TOP > カイロプラクティックQ&A > Q36:頚椎の狭窄症とカイロプラクティック
|パソコン用の表示に切り替える|

Q36:頚椎の狭窄症とカイロプラクティック

 先日頭がくらくらするし吐き気があったので、いつもの肩こりかと整形外科に行きました。首のレントゲンを撮ったところ、一部分頚椎が狭くなっている所があって、もう治らないと言われました。
カイロプラティックでも治らないものでしょうか?
10年ほど前はアメリカで資格をとったカイロの先生に時々診ていただいておりました。その先生が高齢でやめられたので違うカイロの先生にみていただいたことがあるのですが、治療後、めまいと吐き気がおこり、以来カイロプラティックにかかっておりません。
申し遅れましたが私は50歳女性です。

  神経は脳から背骨を通って身体に至ります。背骨から神経がでてくる部分を椎間孔といいます。背骨になんらかの変形があると、その椎間孔が狭くなります。そうなるといろいろな神経症状がおきてくるのです。<br>
 カイロプラクティック治療が有効かどうかは、椎間孔の狭窄がどのくらい進んでいるかによります。<br>
ただ、お話では症状は肩こりとめまいと吐き気ですね。これらの症状と頚椎の椎間孔の狭窄が、必ずしもつながりがあるとは言えないと思います。頚部の椎間孔が狭窄されると多くの場合、腕などにしびれがでたり、もっと広範囲な症状がおこる事が多いのです。<br>
又、さらに背骨に変形があっても無症状の人も多くいらっしゃいます。<br>
そういった意味でもカイロプラクティック治療の検査を受けられる事をオススメします。<br>
<br>
以前の治療では、目まいと吐き気があったそうですが、その事をカイロプラクティックの先生に相談すると良いと思います。ちゃんとした先生ならば、治療法を工夫してくれると思います。

次のコンテンツへ→