CHIROPRACTIC INFORMATION
<<TOP画面に戻る

 TOP > カイロの基礎知識 > 体のゆがみと症状
|パソコン用の表示に切り替える|

体のゆがみと症状

体のゆがみがあると、見た目にも悪いですが、やはり一番野問題は、様々な健康障害を引き起こす事でしょう。ここでは、体のゆがみがどのような体の症状を引き起こすか、解説していきます。

筋肉・関節の痛み

「体のゆがみ」によって引き起こされる症状で代表的なもの。それが筋肉・関節などの筋骨格系の痛みです。そのしくみを解説しましょう。
 身体を支えるには力が必要です。ただ座ったり立ったりしても、その姿勢を支える力が必要なのです。ですから、できるだけ最少の力で身体を支える事が必要となります。そこで重要になってくるのが身体のバランスです。


シーソで大事なのは、左右の手のバランス

シーソを考えてみましょう。シーソは左右の重さと支点を安定させる事で最少の力で動く遊具です。これと同じような仕組みが身体にはあります。


肩こりの多くはテコのバランスが崩れておこる。

 背骨はシーソで例えれば中央の支点です。身体がゆがむと、支点の位置がずれてしまうのです。こうして身体に部分的な負担がかかり、痛みをひきおこします。典型的には肩こりですね。右図を参照にしてください。その他にも考えられる症状を列記しましょう。

腰痛、肩こり、首の痛み、背中の痛み、膝の痛み、足のしびれなど

神経・血管の働きを妨げる

 神経痛とは、神経が圧迫される事で身体のどこかしらに痛みがおこる事です。体のゆがみは、この圧迫の原因になる事があります。

 一つは、背骨周辺での神経圧迫です。全ての神経は背骨から外に出てきます。背骨がゆがむと、神経の出口部分が塞がったり狭くなったりして、神経の働きを阻害するのです。


肩の筋肉が頭の神経を刺激する。

 もう一つは筋肉による圧迫です。神経は、筋肉のスキマにも存在ます。その為、筋肉が硬くなる事で神経を圧迫する事があるのです。代表的な例としては、首の筋肉のスキマにある神経が肩の筋肉に圧迫される事でおこる後頭部を中心にした頭痛です。

 又、 足にしびれがあると、すぐに坐骨神経痛を考えますが、ふくらはぎの筋肉が神経を圧迫しているケースもある事は覚えておきましょう。

 神経と同様に、血管も筋肉のスキマに存在します。筋肉が緊張して血管を圧迫すると、うっ血をおこし、痛みやしびれ、むくみなどの症状を引き起こします。特に頻繁に見られるのが肩周辺での血管の圧迫で、これにより腕にしびれをおきる事があります。
神経・血管が原因になる症状をいくつかあげましょう。

坐骨神経痛・足のしびれ・頭痛・うでのしびれ、冷え・ふくらはぎのしびれなど

自律神経の働きを妨げる。

 身体の色々な働きを調整する神経、それが自律神経です。身体がゆがむと自律神経の働きが悪くなる事があります。どうして身体のバランスが悪くなると、自律神経の働きも悪くなるか、いろいろな説がありますが、はっきりとはわかっていません。

 ただ、カイロプラクティック治療により自律神経の働きが変化する事は数々の研究で明らかになっています。私個人の臨床においても、胃弱、便秘、生理痛など特に消化器系、婦人科系の症状が改善する事は多々あります。

 しかし、自律神経失調はその他にも色々な原因がありますから、体のゆがみは多くの原因の一つとして考えるのが適当だと思います。自立神経失調が原因でおこる、いくつかの症状を列記しておきます。

めまい・冷え・むくみ・便秘・ゲリ・胃弱・生理痛・不妊症など

次のコンテンツへ→