CHIROPRACTIC INFORMATION

 
管理人の著作

角川SSC新書 定価798円
amazonで買う
 主要な体のゆがみである悪い姿勢と腰痛・肩こりなどの症状との関係を具体的な症例から解説。簡単にできる姿勢矯正エクササイズを詳細な図解入りで紹介。
管理人の治療室リンク
管理人プロフィール
 
 
   TOPページに戻る
 このサイトについて

カイロの基礎知識を楽しく紹介
 カイロプラクティックとは?
 カイロと背骨の関係
 体のゆがみとは?
 体のゆがみと症状
 ゆがみの原因 生活習慣
 ゆがみの原因 姿勢

 骨ポキポキ治療の解説
 カイロ治療の手順
 カイロ治療室の見分け方
 カイロの多様な治療法

チェックするだけで結果がわかる
 体のゆがみ部位チェック
 体のゆがみ度チェック

腰痛に関わる情報
 腰痛とカイロ治療
 ヘルニアとカイロ治療
 腰痛改善エクササイズ
 正しい物の持ち方
肩こりに関する情報
 肩こりとカイロ
 肩こり改善エクササイズ
 頭痛とカイロ治療

その他の症状とカイロの関係・エクササイズ
 冷え・むくみのカイロ治療
  冷えむくみエクササイズ
 四十肩とカイロ治療
  四十肩エクササイズ
 不定愁訴とカイロ治療
 美容とカイロ治療


現在43のみなさんの質問に回答済
 あなたの疑問にお答えQ&A
カイロに関わる多様な情報
 世界のカイロ情報
 カイロいろいろ用語集
 カイロ・アンケート結果

  管理人の治療室紹介
 
 
   カイロの歴史
 カイロと整体の違い
 カイロと予防医学
 自然治癒力を高めるには
 自律神経の働きを整えるには
 「からだ」と「こころ」の関係
 エクササイズのススメ
 エクササイズの種類

 リンク
 ちょっと一言(コラム)

 
 

カイロプラクティックと予防医学

※コンテンツを紙芝居形式で見る
 次のような会話をよく聞きませんか?
 「いやー、急に風邪引いちゃってさー」「突然、倒れちゃったのよ」「何にもしてないのに、突然腰が痛くなっちゃってさー」
 病気や腰痛は突然なるものだと、みなさんは考えていらっしゃるでしょうか。実は、突然なるものではないのです。
 ここでは病気がどのようにしておこるのか、健康であるためにはどうしたらよいのか、カイロプラクティックの視点から解説します。
病気とは、人がつくった「くくり」

180でも、200以上でないと、糖尿病ではない。
 よく考えてみると、「病気だ」という事はどういうことなのでしょうか?
  当たり前のことですが案外考えないことです。
 結論を先に言えば、「病気」というのは人が考えた一種の「くくり」です。
 例えば糖尿病で考えてみましょう。糖尿病は血糖値が異常に高くなる病気です。正常な血糖値は100前後※です。ここに血糖値が180の人がいたとします。さてこの人は糖尿病でしょうか?
 答えは、糖尿病ではありません。「血糖値が正常より高いのになんで?」実は、糖尿病は血糖値が200を超えた状態を言うのです。つまり、180は200未満なので、糖尿病ではありません。この「糖尿病は血糖値200以上」というのが、病気の「くくり」です。
※単位は省略。
半病人が増えてる。

今までのお医者さんの健康観。
健康と病気しか考えていません


このような半病人が現代は増加している。
 このような病気の「くくり」に入らない病気未満な状態は、今までほとんど無視されていました。これはお医者さんの健康観が「健康」か「病気」の二者択一のデジタル的考えだったからです。
 しかし、衛生状況や医学の進歩で大病をする人が減った反面、半病人の人が増加しているのが現代です。多くの人が花粉症、アレルギー、アトピーなどのはっきり分類できない疾患を持っています。 日常生活でも「疲れやすい」「なんとなくダルい」など、病気ではないけれど健康ではない人が多いのです。
 これは今までの健康観ではなく、新しい健康観が必要な事を示しているのではないでしょうか?
カイロプラクティックの健康観は、アナログ的健康観
 カイロプラクティックの健康観は「健康」と「病気」という二者択一の物ではなく、もっとアナログ的なものです。カイロプラクティックの健康観をメータで表してみましょう。左端が「健康」、右端が「病気」だとします。人の健康状態はこの線状に振れる針です。このメータで病気になる過程を表現してみましょう。
 人が「健康」な状態の時、針は「健康」の端に位置しています。
カイロの健康観。針が左側から右にいけばいくほど病気の状態を示す。今、針は健康な状態に位置している。
針が真ん中に。
 針はゆっくりと「病気」の状態に動いていきます。真ん中くらいに来たときが、「なんとなくダルい」「疲れやすい」などの症状がでている状態です。いわゆる「不健康」な状態になっているといっていいでしょう。
針は病気の直前へ。
 針はさらに「病気」に近づいていきます。病気の直前になった時、その病気の軽い症状が現れてるかもしれません。でもまだお医者さんにいっても「病気」として扱われません。いわゆる半病人の状態です。
そして「病気」へ。
 そうしてついに針が「病気」に達します。ここで、初めて「病気」として扱われます。
 多くの人がここで初めて自分の身体の状態に気付きます。そして「突然」病気になったと思うのです。
 ここまで読んでいただいた方には、病気が突然おこるものでないことはお分りですね。
 カイロプラクティックの健康観では、人を「健康」と「病気」で分けるのではなく、身体の健康状態をアナログ的に判断して、「健康」な状態へ改善する方法を考えるのです。
「病気」になる前に。

崖から落ちてから、元に戻るのは大変。でも、落ちる手前ならそのまま戻るだけですね。
 さて次に、どうしたら「健康」まで針をもどせるのか考えてみましょう。
 基本的に健康状態の針が病気に達してしまうと、改善するのは困難です。病気になることは、身体の状態がある一線を超えることです。例えるなら崖っぷちから落ちてしまったようなものです。「病気」から「健康」になるためには、崖を登るような努力が必要となるのです。
 容易に改善するためには、崖から落ちる手前「半病人」のあいだに改善すればよいのです。これなら、そのまま健康の方向へ歩いて行くだけです。
 この「半病人」から「健康」の方向に針を戻す医療を「予防医学」といいます。現代はこの予防医学の重要性が高まっているのです。
予防医学としてのカイロプラクティック
 カイロプラクティック治療の大きな特長の一つは、この予防医学としての側面をもつという事です。
 お医者さんは基本的に病気の症状を改善するのが仕事です。つまり崖から落ちてしまった状態から改善させるのを得意とします。しかしその反面、崖から落ちる前、つまり「不健康」「半病人」の治療は不得意とします。
カ イロプラクティックは、この「不健康」「半病人」からの改善を得意としています。なぜなら多くの場合自然治癒力が低下して「不健康」「半病人」になるケースが高いからです。
カイロプラクティックは背骨のゆがみ、又は全身のゆがみを改善することで自然治癒力を回復させます。
「自然治癒力を高めよう」

カイロは不健康、半病人からの改善が得意

定期的にカイロ治療を受けると、健康状態を常に一定に保つ事ができる。

 カイロプラクティックを予防医学として利用するためには、月に1度ほどの定期的な治療をオススメします。
 現代社会の生活は、あなたの健康状態の針を「病気」の方向にゆっくり進めてしまいます。
 近年、成人病が生活習慣病という名称にあらためられました。これは、現代社会の生活がガンや糖尿病を発生させていることが分ったからです。又、歳をとるだけでも自然に針は「病気」の状態に進んでいきます。
 定期的なカイロプラクティック治療によって、針を「健康」にもどしましょう。そうすることで「病気」を予防し、「健康」を維持できるのです。


▲TOP画面へ  次のコンテンツへ→