CHIROPRACTIC INFORMATION

 
管理人の著作

角川SSC新書 定価798円
amazonで買う
 主要な体のゆがみである悪い姿勢と腰痛・肩こりなどの症状との関係を具体的な症例から解説。簡単にできる姿勢矯正エクササイズを詳細な図解入りで紹介。
管理人の治療室リンク
管理人プロフィール
 
 
   TOPページに戻る
 このサイトについて

カイロの基礎知識を楽しく紹介
 カイロプラクティックとは?
 カイロと背骨の関係
 体のゆがみとは?
 体のゆがみと症状
 ゆがみの原因 生活習慣
 ゆがみの原因 姿勢

 骨ポキポキ治療の解説
 カイロ治療の手順
 カイロ治療室の見分け方
 カイロの多様な治療法

チェックするだけで結果がわかる
 体のゆがみ部位チェック
 体のゆがみ度チェック

腰痛に関わる情報
 腰痛とカイロ治療
 ヘルニアとカイロ治療
 腰痛改善エクササイズ
 正しい物の持ち方
肩こりに関する情報
 肩こりとカイロ
 肩こり改善エクササイズ
 頭痛とカイロ治療

その他の症状とカイロの関係・エクササイズ
 冷え・むくみのカイロ治療
  冷えむくみエクササイズ
 四十肩とカイロ治療
  四十肩エクササイズ
 不定愁訴とカイロ治療
 美容とカイロ治療


現在43のみなさんの質問に回答済
 あなたの疑問にお答えQ&A
カイロに関わる多様な情報
 世界のカイロ情報
 カイロいろいろ用語集
 カイロ・アンケート結果

  管理人の治療室紹介
 
 
   カイロの歴史
 カイロと整体の違い
 カイロと予防医学
 自然治癒力を高めるには
 自律神経の働きを整えるには
 「からだ」と「こころ」の関係
 エクササイズのススメ
 エクササイズの種類

 リンク
 ちょっと一言(コラム)

 
 

肩こりとカイロプラクティック治療

※コンテンツを紙芝居形式で見る
 肩こりは、誰でも日常的に経験する症状ですね。
 ここではその肩こりの原因とカイロプラクティックによゆる治療法を解説しています。
肩こりの原因は?
 まず、肩こりの原因について考えてみましょう。
 肩こりは、肩の筋肉の血液循環が悪くなることで、疲労物質などが筋肉内に蓄積する事でおこります。
 肩こりになる筋肉の代表が僧帽筋です。僧帽筋は肩全体をおおう筋肉で、肩を支える主要な筋肉です。
腕の重さを支える肩
 「じゃあ、なんで肩に「こり」がおきやすいの?」
 それは人間が直立した事と関係します。直立すると腕はつねに肩からぶら下がった状態です。
 腕の重さは体重60キロの人で片方2〜3キロもの重さがあります。この重さを常に肩の筋肉は支えなくてはいけないのです。この事が肩に「こり」がおこりやすくなる理由の一つです。
原因その1「運動不足」 
 さて、次に具体的な肩こりの原因について考えてみましょう。
 主要な原因の一つが運動不足です。
 先にも述べた通り、肩こりの原因は「肩を支える筋肉の血液循環が悪くなったため」です。
 運動不足は血液循環を低下させ、肩こりをひどくします。こう考えると、もっとも肩こりが多い職種は「事務職」である事がうなずけます。だって、事務仕事は肩を動かさないでじっとしている事がほとんどですから。
「エクササイズのススメ」
原因その2 悪い姿勢

左は首か突き出てテコの腕の長さが変化した状態。これを右のように正常化する必要がある。
 次に考えられる原因は悪い姿勢です。特に事務仕事をしている人に多く見られる、頭を前に突き出して肩を丸めている姿勢、「頭突き出し姿勢」が肩こりの原因となります。
  肩がまるまると頭が前に突き出てきます。突き出た頭を支える為、必然的に肩の筋肉は緊張する事になります。肩を支点にしたシーソを想像してください。頭が前にでれば、それだけ肩方向のテコの腕は短くなります。結果、肩の筋肉に強い負担を強いる事になるのです。
 右のグラフは、"猫背の程度と肩こりを訴える人の比率"を示したグラフです。頭を前に出す動作は、背中を丸める動作と同じですから、統計から考えても背中を丸めて頭を前にだしていると肩こりになる事がわかります。
原因その2 体のゆがみ
 さらにもう一つの肩こりの原因として、体のゆがみが上げられます。特に、「いつも右の肩ばかりがる」など、症状が左右に寄る傾向がある方は、体のゆがみが肩こりの原因になっているケースが多いと考えています。
 通常体にかかる負担は、ある程度均等に左右へ分散されていますが、体にゆがみがあると、どちらかに負担が偏り、結果、偏った方に強い症状を引き起こす事があるのです。
肩こりをほっておくと?
 肩こりがひどくなると、姿勢は悪化し肩周りのバランスも崩れ、結果、鎖骨が下にさがってくるケースがあります。このことで、鎖骨と肋骨の間に神経や血管が挟み込まれ、様々な症状を引き起こす事があります。これを専門用語で「胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)」といいます。中年から高齢の女性に多い症状です。 こうならないためにも、早期に肩こりを予防、改善しましょう。
肩こりのカイロプラクティック治療「背骨のゆがみの改善」
 では、肩こりをどのようにカイロプラクティック治療で改善するのでしょうか?
 実際には、肩こりの原因は人によりさまざまなので、ここでは代表的な治療を紹介しましょう。
 まず、最初に身体のバランスを崩す大きな理由、「背骨のゆがみ」を改善します。
 肩こりの人は多くの場合、首から胸にかけての背骨にゆがみがあります。

肩こりのカイロプラクティック治療「姿勢矯正」

 次に重要になってくるのは、「姿勢矯正」です。
 治療後すぐは肩こりが楽になっても、もともと姿勢が悪かった場合、又すぐ肩こりが再発してしまいます。
 姿勢矯正は、肩周辺の組織をやわらかくストレッチする事が治療が中心です。合わせて、自分で行うストレッチを学習するのも良いでしょう。
治療回数は?

 治療回数は大体5回が目安になるでしょう。ただし姿勢矯正が必要な場合は、最低でも5〜10回は治療が必要だと私は考えています。

 


▲TOP画面へ  次のコンテンツへ→