CHIROPRACTIC INFORMATION

<<Q&AのTOPに戻る

 

Q9:カイロプラクティックと梨状筋症候群

30歳の女性ですが、5年前に3ヶ月くらい毎週のように
スキーをしていて、4月に急にしゃがんだ状態から
たちあがるのがつらくなったので ひどい筋肉痛かと
思いスキーをやめましたが、太ももの痛みがとれず
だんだん痛みが膝にきて、病院にいきましたが、
MRIでも異常がみられませんでした。
運動もできずつらかったのですが、
2年半ほどたつと、今度は、りじょう筋のあたりが
座っていると常に痛く、足がしびれたりも常にあり
あらゆる病院や接骨院や整体や針などに通いましたが、
全くよくならず悩んでいます。

梨状筋症候群は、治るのですか?
このままだと毎日がつらくてはやく治したいです。
子供も欲しいのですが、だいじょうぶなのでしょうか?

RTさん

 

梨状筋症候群という言葉をよくご存じですね。
お医者さんかなにかが、おっしゃっていたのでしょうか?

梨状筋は、お尻の深い所にある筋肉で、坐骨神経のすぐ上を走っています。
この梨状筋が緊張すると坐骨神経を圧迫して、丁度、ヘルニアのような症状をおこします。
特徴としては、腰というよりお尻のあたりを中心にした痛みがおこる症状です。
お話から考えますと、ちょっと判断しかねますが(本当に梨状筋症候群かどうか?)梨状筋症候群はカイロプラクティックで十分改善する症状です。
治療は基本的に梨状筋をリラックスさせる事と、骨盤のゆがみを矯正する事が中心になります。

出産を心配されているようですが、まったく心配いらないと思います。特に産婦人科系の問題とはからみませんので。



<<Q&AのTOPに戻る  TOP画面に戻る