CHIROPRACTIC INFORMATION

<<Q&AのTOPに戻る

 

Q42:背骨のでっぱり

わたしは、この3年ほど体調がおかしくなっているんですが(ぼーっとする、頭痛、貧血のように意識が遠のく、だるい、たちくらみ)、医者にいっても治らないし、民間療法にいっても治らないし、良いと聞くサプリメントを10種類も飲んでも治らなくて、八方塞がりな状態です。
でも思えば、わたしの体調が悪くなる前、3ヶ月ほど、仕事先でイスが足りなくて、『丸イスに座らされたことがあったんです。一日8時間、手洗いに立つ以外はずっと硬い丸イスに座り続けで、背中の痛みが耐え難いほどでした。
そのうち、背骨の一箇所がポッコリとでっぱったようになって、そのでっぱりは今でもひっこんでいません。
背中をまるめていると、そのでっぱりが痛みだします。まさかこのでっぱりが原因?

mさん

 


背中の出っ張りは、背骨の棘突起(きょくとっき)といわれる部分です。棘突起は、いわば背骨のトゲです。
このトゲの長さは、実は案外ばらばらです。
長さだけでなく向きや形も一定ではないので、表面から触って曲がっていると思われる方が多いようです。
これが外目から、飛び出ているように感じているだけかもしれませんので、過度に心配する必要はないと思います。

カイロプラクティックでいう「ゆがみ」は、どちらかというと「働きのゆがみ」です。

お話では身体をかがめると その部分が痛むという事ですので、「背骨のゆがみ」である可能性はあると思います。ただ、症状からは、部分的な障害というより全身的なバランスの消失の可能性が高いと思います。

身体の一部を気にするより、姿勢などを気にしてみたほうがいいと思います。



<<Q&AのTOPに戻る  TOP画面に戻る