CHIROPRACTIC INFORMATION

<<Q&AのTOPに戻る

 

Q32:カイロプラクティックと腰椎すべり症

前略
以下の件について教えて下さい。
現在、腰椎スベリ症による神経の痛みが脚部に出て困っています。
投薬を受けていますが、あまり効果がありません。
カイロプラクティックは腰椎スベリ症の治療にも効果があるのでしょうか。
治療期間はどのくらい掛かるのでしょうか。
宜しくお願いいたします。

Fさん

 

すべり症は、背骨の構成単位である椎骨の椎弓という部分が骨折をおこす事ではじまります。
椎弓で骨折すると、椎骨は、前と後ろに2つに別れてしまいます。
腰骨は前に湾曲してますので、椎骨の前の部分が前方にせり出してきます。これが神経を刺激して、症状をひきおこします。
薬による治療をうけているという事ですが、これは対処療法で痛み止めという事でしょう。根本治療にはなりません。
根本治療のためには、前に出た椎骨を後ろに戻す、叉はこれ以上前にすべらせない事が重要です。
単純に考えると、腰椎の湾曲をこれ以上、増加させなければいいですね。
しかし歳をとると、腰は自然に丸まってきます。
これは老化という原因もありますが、腹筋と背筋のバランスが崩れる事も一つの要因です。
腹筋の働きを高め、腰の湾曲をこれ以上高めないようにする事が重要です。
症状の進行具合によりますが、カイロプラクティック治療は、もちろん有効です。
背骨の湾曲は、全身のバランスで決定される要素が大きいので、全身的な治療が中心になるでしょう。
叉、適切なエクササイズをする事も重要です。
是非、一度、しっかりした治療室でカイロプラクティック治療をうけてみましょう。
治療回数ですが、10回程度は、受けられる事をオススメします。
カイロプラクティックは自然療法ですので、多くの場合、回復スビードはゆっくりです。ある程度の治療回数をこなす心構えが重要です。
あわてて、外科的手術をするよりは、ずっといいはずです。
叉、早く改善した場合でも、10回以上は治療を受けてください。
症状が回復したからといって、すべり症の原因が改善されたわけではありませんので。
「 あせらず、ゆっくりと」を心がけてくださるのがいいと思います。



<<Q&AのTOPに戻る  TOP画面に戻る