CHIROPRACTIC INFORMATION

<<Q&AのTOPに戻る

 

Q24:カイロプラクティックと泌尿器系の障害

はじめまして。

質問は私の祖父が最近ヘルペスにかかり、
それはなおったのですが、その後大便と小便の制御が
困難になり、小便も思うようにいかず、しかもそのときには
つられて大も出てしまうというありさまです。
総合病院で、内科、泌尿器科、神経内科等
をたらいまわしにされ、MRIもおこないましたが
効果がありません。神経がおかしいらしく、皮膚感覚等も
以前とはちがうといいます。昔から農作業で体を酷使しており
ゆがみはかなりあり、しかも神経系のことなのでカイロで何とかならないかと思って
メールしましたが、どうでしょうか?

KMさん

 

ヘルペスと、症状とのつながりはさだかではありませんが、
問題が末梢神経の問題か、脊髄叉は脳の問題かで対応が大きくかわってきます。
ここでは器質的な問題(神経組織が病気にかかっていない、物理的変化をおこしていない)はないという前提でお話しましょう。器質的な問題がある場合は、カイロプラクティック治療では改善が難しいからです。

背骨の中を通っている太い神経を脊髄といいます。脊髄の
最後の部分は脊髄神経の束になっています。これは馬のしっぽのように見えるため、馬尾(ばび)といいます。
この部分になんらかの障害がおこると、泌尿器系の障害と感覚、運動障害がおこります。
末梢部位で考えれば、ここがもっとも障害されている可能性が高い部分です。

カイロプラクティック治療が有効かどうかは、一概にはいえません。

ある程度の治療回数を受け(10〜15回程度)、それでも改善の兆候がみられない場合は、カイロプラクティックによる改善は無理かもしれません。

しかし、症状の原因によっては、十分改善の可能性もあります。

1度、信頼がおける治療室で治療を受けられる事をオススメします。



<<Q&AのTOPに戻る  TOP画面に戻る