CHIROPRACTIC INFORMATION

 
管理人の著作

角川SSC新書 定価798円
amazonで買う
 主要な体のゆがみである悪い姿勢と腰痛・肩こりなどの症状との関係を具体的な症例から解説。簡単にできる姿勢矯正エクササイズを詳細な図解入りで紹介。
管理人の治療室リンク
管理人プロフィール
 
 
   TOPページに戻る
 このサイトについて

カイロの基礎知識を楽しく紹介
 カイロプラクティックとは?
 カイロと背骨の関係
 体のゆがみとは?
 体のゆがみと症状
 ゆがみの原因 生活習慣
 ゆがみの原因 姿勢

 骨ポキポキ治療の解説
 カイロ治療の手順
 カイロ治療室の見分け方
 カイロの多様な治療法

チェックするだけで結果がわかる
 体のゆがみ部位チェック
 体のゆがみ度チェック

腰痛に関わる情報
 腰痛とカイロ治療
 ヘルニアとカイロ治療
 腰痛改善エクササイズ
 正しい物の持ち方
肩こりに関する情報
 肩こりとカイロ
 肩こり改善エクササイズ
 頭痛とカイロ治療

その他の症状とカイロの関係・エクササイズ
 冷え・むくみのカイロ治療
  冷えむくみエクササイズ
 四十肩とカイロ治療
  四十肩エクササイズ
 不定愁訴とカイロ治療
 美容とカイロ治療


現在43のみなさんの質問に回答済
 あなたの疑問にお答えQ&A
カイロに関わる多様な情報
 世界のカイロ情報
 カイロいろいろ用語集
 カイロ・アンケート結果

  管理人の治療室紹介
 
 
   カイロの歴史
 カイロと整体の違い
 カイロと予防医学
 自然治癒力を高めるには
 自律神経の働きを整えるには
 「からだ」と「こころ」の関係
 エクササイズのススメ
 エクササイズの種類

 リンク
 ちょっと一言(コラム)

 
 

肩こり改善エクササイズ

 肩こり改善のエクササイズとして、簡単にできる二つのエクササイズをご紹介します。一つは、肩こりの根本原因である姿勢を正すエクササイズ。もう一つは肩の筋肉に蓄積した疲労物質の代謝を促す僧帽筋(そうぼうきん)のエクササイズです。

肩こりの主要な原因は悪い座り姿勢
 先にも解説した通り、肩こりの主要な原因の一つは、悪い姿勢にあります。悪い姿勢の中でも、特に頻繁に見られるのが、座っている姿勢での「頭突き出し姿勢」。対象物に向かって頭をぐーっと近づけている姿勢です。
 この姿勢は、肩の筋肉に強い負担をかけます。このような姿勢になっている事に気付いたら、これから紹介するエクササイズをやってみましょう。
肩こりの直接原因は、肩の筋肉の疲労。 

 肩こりの直接原因は、肩の筋肉内に疲労物質が蓄積し、それが炎症をおこす事にあります。
ですから、肩の筋肉に蓄積した疲労物質をできるだけ早く代謝させてしまいたい。そんな時に有効なのが僧帽筋(そうぼうきん)のエクササイズです。
 僧帽筋は、肩をおおう大きな筋肉です。肩こりは主にこの筋肉におこります。ですから、僧坊筋を合理的に動かせば代謝を促進させる事ができ、結果肩こりが早期に改善するのです。

エクササイズの紹介
それでは、実際にエクササイズをやってみましょう。
本来エクササイズは、個人に合った最適なものを選択して指導します。しかしここではそれはできませんので、自分だけで行える簡単なエクササイズをご紹介しましょう。
(注意!!)エクササイズは自己責任で行ってください。何か具合がよくなければ、すぐ中断される事をオススメします。

エクササイズは以下の項目に分かれています。
(1)頭突き出し姿勢改善エクササイズ
(2)僧坊筋のエクササイズ
頭突き出し姿勢改善エクササイズ
 まずは"頭突き出し姿勢改善エクササイズ"です。

(1)座った姿勢でも立った姿勢でもけっこうです。まず、あごに両手を添えます。背筋はできるだけ伸ばします。
(2)両手を真後ろに押し、顎を引いていきます。このとき肩、背中を動かしてはいけません。この状態を5秒ほど維持します。その後1の姿勢にもどり、リラックスします。

これを最初から、10回ほど繰り返しましょう。
僧坊筋のエクササイズ
 肩の主要な筋肉である僧坊筋を働かせる事で、肩にたまった疲労物質の代謝を促すエクササイズです。
(1)僧帽筋を収縮させるため、両肩を引き上げます。このとき、あごをあげないように注意しましょう。このまま5秒ほど姿勢を維持します。

(2)元の姿勢にもどり、リラックスします。
これを5回ほど繰り返しましょう。
肩こりを感じた時にこのエクササイズをやってみましょう。
きっと肩こりが減少するはずです。

 

 


▲TOP画面へ  次のコンテンツへ→